ANDALS (アンダルス) / タッセルローファーのご紹介

IMG_0123.jpg


ANDALS (アンダルス)


去年とても大好評でしたグッドイヤーウェルテッド製法で作られるスペイン製の革靴より、

先日タッセルローファーが入荷しました。すでに店頭で大好評いただいており、サイズ欠けしておりますが、ご紹介させていただきます。


まず、ANDALSについては日本に入って間もないブランドなので取り扱い店舗も少なく、まだまだ認知度も低いブランドですので、ブランドの説明から。


革靴マニアが
スペイン南部Andalciaで見つけてきた歴史ある狩猟から生まれた靴になります。

狩猟用の木型から作られているので、履きやすさ、歩きやすさはかなりのものです。

IMG_0125.jpg

スペイン南部Andalcia地方においては同じ狩猟でも全く異なる歴史があります。元々この地は世界遺産のアルマデン鉱山(人類が使用した3分の1の水銀がここから採掘)を始め鉱物資源と森林が豊かな土地であり、当時の人類の凄まじい経済発展のスピードで建材の為に山を切り開き、次々と炭鉱が作られ、多くの森林が伐採されていきました。18世紀中頃、当時のスペイン国王カルロス三世により、森林伐採に対し制限を設け、人間が森との共存を図る事を目的として狩猟が始められます。(これは17世紀にドイツで始められた方法でした)。狩猟の対象は主にイノシシやシカです。そうした理由から始められたAndalcia地方での狩猟ですが、イノシシ達はSierra(スペイン語でノコギリ状の山脈)という深く険しい場所を生息地としていた為に、ハンター達は険しい山を歩く自らの足を守る頑丈な靴が必要不可欠でした。19世紀後半、産業革命と共に主にイギリスの鉄道会社や化学工場が参入し、同時にグッドイヤーウェルテッド製法もイギリス人によりこの地に伝わり、頑丈な靴がハンターを始め炭鉱で働くワーカーや庶民の手にも渡るようになりました。凄まじいスピードで発展をしていく人類の文明経済と、森と動物達との共存を図った歴史は今現在も続いています。


そんな歴史ある街から生まれた靴がANDALS(アンダルス)で、今回ご紹介するタッセルローファーは
ANDALSの工場の片隅で長い間眠っていた古い木型使用したモデルです。当時の木型をそのまま使っているということです。



それでは、商品単体画像と着用画像をご覧ください。



・タッセルローファー ・Black(牛革)・サイズ:41(26-26.5cm) 42(26.5-27cm)・¥38,000+tax

IMG_0170.jpg IMG_0171.jpg IMG_0180.jpg IMG_0179.jpg IMG_0178.jpg IMG_0172.jpg IMG_0173.jpg


フラットなトゥからサイドの丸みへの流れ。
これらの特徴は、他の靴にもありそうでないんじゃないでしょうか。
良い意味で違和感があり新鮮なフォルムに仕上がっています。


牛革のシボ感(しわ感)とラバーソールがカジュアルな雰囲気をつくりだし、様々なスタイルに合わせやすくなっております。


IMG_0362.jpg IMG_0367.jpg IMG_0364.jpg IMG_0365.jpg IMG_0369.jpg IMG_0366.jpg


一見分かり難いですが内振りと呼ばれるラスト形状の為、歩くと無意識に足の親指側に力が掛かります。同時にラバーソールがバネの役割をし「グッ」と足を力強く前に押し進めてくれます。例えるなら小さなボートを素手でなく
オールを使って漕いだ時に感じるような、しっかりと地面を捉えて足の指で押し出す感覚が味わえます。

IMG_0129.jpg


グッドイヤーウェルテッド製法の特徴である、履き込む程に靴底に内蔵されたコルクが体重と力で自分の足の
骨の形に沈んでいき、体重が分散する面積が増えてより疲れにくくなり、尚且つフィット感もアッパー側とソール側、両方向から履く人の足の形に成型されて向上していきます。


また、幅広甲高の足の方にもオススメの1足。

私自身がそうなのですが、いつも靴は1サイズ2サイズ上げて履いています。

26cmのサイズですが、いつもは26.5cmか27cmを履いています。


ただ、ANDALSであれば、41というサイズ(26-26.5cm)がちょうど良く履けます。

幅広甲高の方でもサイズを上げて履く必要はないように感じます(私が履いた感想から言うと)。


かといって、特に幅広甲高ではない方も、普通に履けてしまいます。日本の代理店の方と、なんでだろう???と話しているくらいです。長時間歩くために設計された絶妙なバランスの木型のおかげかなと思います。


IMG_0127.jpg



商品についてご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。


<実店舗>
WEEKENDER SHOP
東京都台東区蔵前3-18-7
open11:00 close 20:00
月曜日休み
03-5825-4609
info@noends.jp

<オンラインストアー>

http://weekendershop-online.jp/


ANDALS (アンダルス) 時代を感じる狩猟靴  着用画像

先日入荷してこちらでもご紹介したスペイン発の革靴ブランド「ANDALS (アンダルス)」の着用画像を撮りましたのでご覧ください。



ノーズが短く全体的にコンパクトでボリュームが少ないので、夏の短パンとあわせて頂いてもきれいに履けるのが特徴です。

短丈のパンツで、独特なフォルムのこちらの靴を強調して履いていただきたいです。

先日のブログで詳しくこちらの靴についてご紹介しています。良ければご覧ください。




入荷サイズ:39. 40. 41 ¥37,000 + tax
IMG_1893.jpg

IMG_1892.jpg

IMG_1891.jpg

IMG_1889.jpg

IMG_1894.jpg

IMG_1895.jpg

IMG_1899.jpg

IMG_1660.jpg

IMG_1669.jpg

IMG_1668.jpg



すでに入荷しておりますので、ご購入可能です。
オンラインストアーにも近々にアップ予定です。

商品について質問などございましたら、お気軽にお問合せください。



<実店舗>
WEEKENDER SHOP
東京都台東区蔵前3-18-7
open11:00 close 20:00
月曜日休み
03-5825-4609
info@noends.jp
(通販ご希望の場合は、お気軽にご連絡ください)
<オンラインストアー>
http://weekendershop-online.jp/

ANDALS (アンダルス) スペイン製グッドイヤーウェルテッド製法 の 革靴入荷のご案内

今日はまだ日本ではなかなかお目にかかることがない珍しい革靴ブランドのご紹介です。

ブランド名は、

「ANDALS (アンダルス)」

革靴マニアが
スペインで見つけてきた歴史ある狩猟から生まれた靴になります。



IMG_1657.jpg

スペイン南部Andalcia地方においては同じ狩猟でも全く異なる歴史があります。元々この地は世界遺産のアルマデン鉱山(人類が使用した3分の1の水銀がここから採掘)を始め鉱物資源と森林が豊かな土地であり、当時の人類の凄まじい経済発展のスピードで建材の為に山を切り開き、次々と炭鉱が作られ、多くの森林が伐採されていきました。18世紀中頃、当時のスペイン国王カルロス三世により、森林伐採に対し制限を設け、人間が森との共存を図る事を目的として狩猟が始められます。(これは17世紀にドイツで始められた方法でした)。狩猟の対象は主にイノシシやシカです。そうした理由から始められたAndalcia地方での狩猟ですが、イノシシ達はSierra(スペイン語でノコギリ状の山脈)という深く険しい場所を生息地としていた為に、ハンター達は険しい山を歩く自らの足を守る頑丈な靴が必要不可欠でした。19世紀後半、産業革命と共に主にイギリスの鉄道会社や化学工場が参入し、同時にグッドイヤーウェルテッド製法もイギリス人によりこの地に伝わり、頑丈な靴がハンターを始め炭鉱で働くワーカーや庶民の手にも渡るようになりました。凄まじいスピードで発展をしていく人類の文明経済と、森と動物達との共存を図った歴史は今現在も続いています。




IMG_1656.jpg
IMG_1658.jpg
まずこちらの木型。
ANDALSの工場の片隅で長い間眠っていた古い木型なのです。当時の木型をそのまま使っているということです。




IMG_1669.jpg
膨らみきらないトゥと絶対に長くないノーズ。

IMG_1671.jpg

そして、フラットなトゥからサイドの丸みへの流れ。

これらの特徴は、他の靴にもありそうでないんじゃないでしょうか。

良い意味で違和感があり新鮮なフォルムに仕上がっています。



IMG_1660.jpg
IMG_1668.jpg
アッパー素材には、ドレスシューズには限界と思われる量の油分を含んだHALLEY PULL(ハリープル)を使用
現地Andalciaのレザータナリーの物を使用しています。




IMG_1706-1.jpg
一見分かり難いですが内振りと呼ばれるラスト形状の為、歩くと無意識に足の親指側に力が掛かります。同時に硬めの
レザーソールがバネの役割をし「グッ」と足を力強く前に押し進めてくれます。例えるなら小さなボートを素手でなく
オールを使って漕いだ時に感じるような、しっかりと地面を捉えて足の指で押し出す感覚が味わえます。



グッドイヤーウェルテッド製法の特徴である、履き込む程に靴底に内蔵されたコルクが体重と力で自分の足の
骨の形に沈んでいき、体重が分散する面積が増えてより疲れにくくなり、尚且つフィット感もアッパー側とソール側
両方向から履く人の足の形に成型されて向上していきます。当然アウトソールの貼替修理も何度も可能です。


展開カラー:ブラック
展開サイズ:39 ・ 40 ・ 41
プライス:¥37,000 + tax





こちらの商品はすでに店頭に入荷しているので、ご購入可能で。
通販ご希望の場合は、メールまたは電話からご注文が可能です。

オンラインストアーには4月末~5月上旬にアップ予定です。



商品についてご質問などございましたら、お気軽にお問合せください。





<実店舗>
WEEKENDER SHOP
東京都台東区蔵前3-18-7
open11:00 close 20:00
月曜日休み
03-5825-4609
info@noends.jp
(通販ご希望の場合は、お気軽にご連絡ください)
<オンラインストアー>
http://weekendershop-online.jp/

プロフィール

WEEKENDER SHOP

Author:WEEKENDER SHOP
東京都下町、蔵前にある洋服と生活雑貨のお店です。ALL ABOUT LIFEをテーマに日本、ヨーロッパ、アメリカからの厳選されたプロダクトを販売します。

東京都台東区蔵前3-18-7 1F
(SOL'S COFFEE STAND店の前です)
open 11:00 close 20:00
月曜日休み
tel|03-5825-4609
mail|info@noends.jp
http://weekendershop-online.jp/