BuddyOptical (バディーオプティカル) p collection { - is } - cis

IMG_0840.jpg

ブランド名:
BuddyOptical (バディーオプティカル)   日本

アイテム名:
p collection { - is } - cis

アイテム説明:
1920年代~1930年代に主に見られた形状を現代風に表現したモデルです。
ノーズパッドが無い仕様の作りに、テンプル先も元々は肌に傷を付けない様にするための小さかった折り返しを、あえて
大きくする事で、肌との接地面積を広くし安定させ、デザインにもなっている、機能とデザインを兼ね備えたの掛け心地の軽いシリーズとなっています。

カラー:
Gold/Silver/Mat Black

サイズ:
フレーム正面全体幅12.8cm / レンズ縦3.3cm x 横3.9cm

プライス:
¥23,000 + tax
【付属品】専用ケース、めがね拭き

生産国:
日本
福井県・鯖江

※お近くの眼鏡店で、度入りのレンズに交換することも可能(別途要費用)

ブランド説明:
ひとりの人が眼鏡を着用する、又は着用しない理由は様々です。 前者では視力の補正の為、服装のコーディネイトの為、紫外線の防止 etc…。 後者ではそもそも視力は悪くない、コンタクトで間に合っている、わずらわしい etc…。 この様にそれぞれに理由は様々で、どの選択も一個人の最良の判断のもと選択されたものと思われ、 私たち眼鏡に携わる人々は誰もそれらを強要することは出来ません(医療的な判断を除いては)。 私たち眼鏡を生業とする人々が共通して願う事は、眼鏡を着用する人口の増加です。 その為には眼鏡がもっと身近な存在になる事が必要です。 それは『気心の知れた仲間や、相棒の様な存在』である事。 そしてライフスタイルの中に自然とある『ワードローブ』の様な存在である事。 私たちは早速、これらの条件を満たす最良のレンズの選定・フレームデザインを考え始め、 眼鏡の生産に取り掛かりました。そして、それらの眼鏡を『BuddyOptical』と名付けました。 《Buddy》とは英語で親友や相棒を意味し、戦友の様なとても近しい存在を表します。 また眼鏡をかけて人前に出る事が美徳とはされなかった時代に、そういった人々の意識を 一気に変えさせた偉大なるミュージシャンのイメージを反映したものです。 誰もがこの眼鏡に親しみを持ち、そしてクールでいられるように。


カラ-:Gold
IMG_0844.jpg

IMG_0837.jpg


カラー:Silver
IMG_0846.jpg


IMG_0834.jpg


カラー:Mat Black
IMG_0843.jpg


IMG_0835.jpg







こちらの商品は、東京都台東区蔵前にある実店舗または電話やメールでのお問合せからの通販(送料無料)にてご購入が可能です。
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。

また、オンラインストアーにも近々にアップ予定です。少々おまちください。


<実店舗>
WEEKENDER SHOP
東京都台東区蔵前3-18-7
open11:00 close 20:00
月曜日休み
03-5825-4609
info@noends.jp
(通販ご希望の場合は、お気軽にご連絡ください)
<オンラインストアー>
http://weekendershop-online.jp/

コメント

非公開コメント