soi (ソイ)のピアス・イヤリング 再入荷のご案内

IMG_2954_2019061514331421d.jpg


6月13日(木)に放送それましたマツコ・デラックスさんの番組「夜の巷を徘徊する」でご紹介いただきました、soi (ソイ)のピアスとイヤリングが再入荷いたしました。


soiの作家である「こばやしみな」さんが、パーツ選びからデザイン、組み立てを全て自らがおこなっている、ピアスとイヤリングです。


こばやしさんのセンスを感じるアクセサリー。

とてもオススメなので、気になる方はぜひ。


以下入荷したもの一部画像をアップいたしますので、ご覧ください。


全て¥3,500 +tax

IMG_2946.jpgIMG_2947.jpgIMG_2948.jpgIMG_2949_201906151433077e9.jpgIMG_2950_201906151433082c0.jpgIMG_2951_201906151433103ff.jpgIMG_2952_20190615143311416.jpgIMG_2945_201906151433017c1.jpg


なお、ただいまsoiは店頭のみで販売しており、オンラインストアにはアップしておりません。

通販ご希望の方は、メールまたはお電話でお問合せください。


<実店舗>
WEEKENDER SHOP
東京都台東区蔵前3-18-7
open11:00 close 20:00
月曜日休み
03-5825-4609
info@noends.jp

<オンラインストアー>

http://weekendershop-online.jp/

BANALE / 出張や長旅のお供に  OMINI PILLOW のご紹介

本日は、旅行や出張で長旅をする方にとてもオススメなアイテム、イタリア・ミラノ発のブランド「BANALE」より、3Wayピロークッション OMINI PILLOWのご紹介をしたいと思います。


目的地までにできるだけ疲れなく、快適に旅ができるか、重要ですよね。

せっかくの旅行をおもいっきり楽しみたい、しっかりと仕事をこなしたい。そんな方にぜひお使いいただきたいアイテムです。


では、1つで3とおりの使用が可能なクッション、ご覧ください。


↓まずは、ネックピロー


omni_pillow_red_wine_neck.jpg


長時間の移動でもネックピローがあれば、しっかりとホールドしてくれるので疲れにくいです。


BA-001_2.jpg


クッションにはピュアダイナミックメモリーフォームを採用。
宇宙開発のために作られた、低反発の衝撃吸収素材で、ランドセルから医療機器まで幅広い分野で使われています。品質の高さは有名な低反発枕と同程度。耐久年数は5年以上です。


141351942_o1.jpg





↓枕やクッションとして使用いただけます。


omni_pillow_red_wine_topper.jpg

先ほどのネックピローを広げると52 X 27 cmの大きさになります。

この状態で、枕やクッションとしてお使いいただけます。自宅や旅行先で枕としてお使いいただけます。低反発の心地よいクッション性で、ぐっすり眠りにつけるかもしれませんね。


BA-001_3.jpg



↓折りたたんで使用することも可能です。

omni_pillow_red_wine_double.jpg

折りたたむことが可能です。

枕としてお使いいただいたり、デスクワークや長時間の移動時は、椅子と腰の間に挟むとより快適です。



BA-001_7.jpg

omni_pillow_travel_pillow_double_shape_airplane.jpg




↓コンパクトに収納することで、持ち運びも簡単

omni-pillow-travel-pillow-close_9.jpg

縮性の高いカバーに収めていくと、コンパクトになるから、バッグの中に収納したりと持ち運びが簡単です。ピロー自体がカバーに変形するので、カバーを紛失する心配もありません。


スナップボタン付きベルトで、スーツケースに取り付けたまま移動も可能。

omni_pillow_travel_pillow_trolley_airport.jpg


コンパクトになるのでとにかく旅のお供には最適で便利ですね。

141351942_o3.jpg



このピローカバーには、機能性も備わっています。

BA-001_8.jpg

エラスティックナイロンというラバー素材を使用。
防水機能と耐久性、通気性に優れています。また強度・柔軟性・耐衝撃・耐摩耗に優れるポリアミド(ナイロン)にポリウレタンを加えることで、より柔軟性が高くなり、収納の際に扱いやすくなっています。



今回入荷したのは、2色。

Wine RedとGreyです。



↓Wine Red ¥8,200 + tax

omni_pillow_red_wine_neck.jpg


↓Grey ¥8,200 + tax無題

<実店舗>
WEEKENDER SHOP
東京都台東区蔵前3-18-7
open11:00 close 20:00
月曜日休み
03-5825-4609
info@noends.jp

<オンラインストアー>

http://weekendershop-online.jp/

ERA.(イーラ) 新作サコッシュのご紹介

s_IMG_2890.jpg


鎌倉のレザーブランド「ERA.(イーラ)」より、手軽に使える上品な雰囲気を感じさせるサコッシュ「BUBBLE CALF PORTRAIT SHOULDER A6が入荷いたしました。


A6サイズのポーチを縦向きにしたサコッシュです。スマートフォン、パスポートなどの小物を入れて首から下げて使用したり、紐を外してポーチとしてお使いいただけます。



今回入荷したのは3色

s_IMG_2896.jpg

↑左からGray Black Taupe

個人的にはTaupeが渋い色でオススメです。

s_IMG_2893.jpg

もちろんERA.の定番、フランス、デュプイ社のカーフレザーを使用。

s_IMG_2900.jpg

【デュプイ社カーフレザーについて】
1948年創業フランス・デュプイ社(TANNERIES DU PUY)のカーフレザーを使用しています。
ヨーロッパ産の厳選された最高品質の原皮のみを使用し、独自の鞣し製法、染色技術で他を圧倒し、多くのメゾンブランドも信頼を置くタンナーです。デュプイ社ならではの発色の良さ、柔らかくもコシのある独特の質感、特殊な加工によるシボ感が特徴です。経年変化の少ない美しい色合いと柔らかいタッチ感が魅力です。


【フランス・デュプイ社について】
1950年創業のデュプイ社はフレンチカーフの代表格と言えるタンナーです。2015年に、長年大口クライアントであったエルメス社に買収され傘下に入ることで、安定した雇用を生み出し、エルメスグループのノウハウを得ています。エルメスでは、「バーキン」と「ケリー」にデュプイ社のカーフレザーが使用されています。

s_IMG_2904.jpg

ジッパーのつまみ(Puller)には、「ERA.」と刻印

s_IMG_2901.jpg

長さの調整可能な紐は取り外しが可能です。

紐を取り外すことで、ポーチとしてお使いいただけます。

s_IMG_2894.jpg

そして、本体にも「ERA.」の型押し。

控え目な大きさがERA.らしいですね。よりミニマルというのが伝わってきます。



着用画像

まずは、


↓Taupe

IMG_2906_2019061114595634d.jpgIMG_2905_20190611145957540.jpgIMG_2908_20190611145959091.jpg

個人的に斜め掛けがしっくりきます。

IMG_2914_20190611150303290.jpg

紐の長さ調整も簡単です。

IMG_2918_20190611150208c87.jpgIMG_2919_20190611150206b60.jpg

首から下げるとより今な感じですね。

IMG_2912_201906111504267d3.jpg

スマートフォンなどの小物をしっかり収納。

旅行の際は、パスポート入れとしてもお使いいただけます。


↓Black

IMG_2931_20190611150700dfc.jpgIMG_2929_201906111507014c4.jpgIMG_2933_20190611150704ade.jpgIMG_2935.jpg


↓Gray

IMG_2921_20190611150914d81.jpgIMG_2920_20190611150913e3a.jpgIMG_2922_20190611150916784.jpg

IMG_2925.jpgIMG_2926.jpg


そして、

紐を取り外せばポーチとしてお使いいただけます。

IMG_2936.jpgIMG_2939_2019061115134538e.jpgIMG_2940_201906111513470ce.jpgIMG_2941_20190611151348f8b.jpg


サイズ:高さ19cm 横12cm

プライス:¥11,000 + tax

こちらの商品をオンラインストアーで見たい方は、こちらから。



商品についてご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。


<実店舗>
WEEKENDER SHOP
東京都台東区蔵前3-18-7
open11:00 close 20:00
月曜日休み
03-5825-4609
info@noends.jp

<オンラインストアー>

http://weekendershop-online.jp/



MITTAN 2019年秋冬展にて

生地の選定、コンセプト、企画、デザイン、生産場所、生産者、販売方法、販売後のケアなど全てにおいてしっかり考えられている京都のブランド「MITTAN」。


本当におしゃれな洋服であふれている現在。

そんな中で認知度が高いブランドもあればとても良いブランドなのに埋もれているブランドがあります。


その違いは、ブランドの打ち出し方で大きな差を生み出しているように感じます(個人的な意見ですが)。


MITTANはどうなのか。

認知度が高いかと言われるとまだまだ知らない人の方が多いのではないでしょうか。おそらくMITTAN自体認知度は気にされていないかと思います。それより自分たちが生んだ洋服を気に入って頂いた方に、長く大切に着て頂くことを目指しているのではないかと思います。


では、埋もれているブランド?それも違いますね。

販売店の1つであるWEEKENDER SHOPでは、オープン当初からMITTANを販売しております。そこで感じるのは、初めて買っていただいた方が、そのままファンになってくれるということ。しかも熱烈なファンに。他にないデザイン、生地、そして何より着心地に感動してMITTANのファンになっているのではなないかと感じます。


私自身もお店を始める前からMITTANのファンでした。

どうしてもほしいアイテムがあって、どの店舗も完売しており、唯一在庫があった店舗もサイズが少し小さく、でもどうしてもほしいと思い、小さいサイズのそれを購入しました。今も大事に着ています。

そんなことも思い出の一つとなってしまうのが、MITTANですね。


おそらく他にないオンリーワンのブランドではないかと思います。



ここまで長くなりましたが、

今年3月におこなわれたMITTANの2019年秋冬展の為、京都まで行ってきました。

MITTANの展示会は、東京でもおこなわれるので、わざわざ京都まで行く必要はないのですが、どうしてもどんな場所で生まれているのか見たく、初めてMITTANのオフィス兼アトリエにお邪魔しました。


その際の画像を皆さんにも見て頂きたいと思います。

※ただし、限られた時間ということと秋冬商品を見に行くというのがメインの目的だったので、たくさんの写真がとれなかったことと、暗かったりと微妙なものが多いです。。。



IMG_2843.jpg


京都市の中心街から電車で10分ほど、そして降りて徒歩10分ほどの住宅街にあります。

ビルの1室とかではなく、きれいに改装された古い町屋がMITTANのアトリエです。

京都らしいですね。


IMG_2839.jpg


入口を開けると長い通路になっています。


IMG_2832_20190609143303e5c.jpgIMG_2834.jpg


この青い建物がMITTANのオフィス兼アトリエ。2階建てです。

改装された町屋なので、外観はモダンに感じますね。


でも、

IMG_2828.jpg


玄関から中はまた違った雰囲気です。


IMG_2825.jpgIMG_2814_201906091527225e8.jpg


玄関を開けると一気に昔ながらの雰囲気になります。


IMG_2815.jpgIMG_2816.jpg


奥の掛かった布はMITTANの商品で使われている布でしょうか。素敵ですね。その手前の部屋に入って

いくと、2019年秋冬コレクションが展示されてあります。


IMG_2818_20190609152913ee2.jpg


ちなみに、布の奥はこんな感じです。


IMG_2778_20190609153455dfd.jpgIMG_2809_20190609153453336.jpg

IMG_2777.jpg


そして、コレクションが並んでいる部屋は、なんとダイニングキッチン。ここも味があっておしゃれなお部屋です。

キッチンの中に展示スペース設けるのがMITTANならではです。

これが良く、ゆっくり落ち着いて見れるんです。


IMG_2779_20190609153456871.jpgIMG_2812.jpg


そして、2019年秋冬コレクション。

MITTAN商品は基本どれも定番品であり、シーズンごとに新しいモデルを必ず出すというスタンスではありません。同じものを大切に売り続けていく。これがMITTANです。


ただ、次の秋冬は新しいモデルも多いので、楽しみにしていてください。


ちなみに、その中で一番気になったのが、こちら。

IMG_2770.jpg

ユニセックスモデルの羽織物です。もともと1枚素材なのですが、水につけることで、3枚の素材に分裂するとか。なんとも面白い素材を使用。何枚か中に着用しているように見えますが、これで1つの羽織物なんです。こちらもWEEKENDER SHOPに入荷予定です。お楽しみに。


IMG_2775.jpg

シャツも新作や新色あります。

IMG_2810_201906091613243f6.jpgIMG_2798.jpg

ストールも豊富。どれも良い色です。どれにするかかなり迷いました。

どのモデル、色がWEEKENDER SHOPに入荷するかお楽しみに。


IMG_2819.jpg

雰囲気がある階段。

2階は見れていませんが、在庫スペースだとか。


そして、

IMG_2820_2019060916203736e.jpg

こちらが作業場。

ちょうどスタッフさんが2人作業してました。

ちなみに、MITTANは現在5人前後のスタッフがいるみたいです。

IMG_2822.jpgIMG_2823.jpg

MITTANの商品は基本、日本の職人さん達に作ってもらっていますが、カディシャツの補強部分の縫製や一部の染めなどは自らおこなっているとか。貴重な部屋を見させていただきました。


以上です。


本当に良い方々そして素敵な場所だからMITTANの素晴らしい商品が生まれているんだなと、納得できました。



2019年の秋冬の入荷、楽しみにお待ちください。

WEEKENDER SHOPでも今まで以上にいろいろと入荷予定です。



<実店舗>
WEEKENDER SHOP
東京都台東区蔵前3-18-7
open11:00 close 20:00
月曜日休み
03-5825-4609
info@noends.jp

<オンラインストアー>

http://weekendershop-online.jp/








Mr. Maria / Miffy First Light のご紹介

s_IMG_8566.jpg


本日は、オランダのアムステルダムに設立されたデザインスタジオ「Mr. Maria(ミスターマリア)」

の、Miffy First Lightのご紹介をいたします。




Miffy First Light

(オンラインストアーへの移動は上のアイテム名をクリック)

IMG_2992_20190607145831b7b.jpg

お部屋に置いときたくなるかわらしいミッフィーの照明です。

シンプルでかわいらしい佇まい。


124898710_o1.jpg

素材は、ソフトシリコンなので感触も心地よい照明です。


高さは30cm 重さが600gという小さくて軽量。そして、光源にはLEDを使用しており触れても熱くないのも安心なポイントの一つです。小さなお子様がいる家庭にもオススメです。


IMG_2993_20190607151009d3d.jpg


IMG_2994.jpg

USBケーブル充電式なので、大きな電源アダプタも不要で充電も簡単。フル充電時に最高光量で24時間以上点灯可能です。


コードレスで家中どこにでも持ち運ぶことができるのも良いですね。


IMG_2995_20190607151614e89.jpgs_IMG_8566_20190607151615ea9.jpg

5段階で調光ができ、間接照明やナイトライトとしても十分な機能を備えています。


IMG_3001_20190607152317726.jpg

箱付きです。

プレゼントにも良いですね。


実際、WEEKENDER SHOPではプレゼントとしてご購入される方が多いです。


あと、意外にも男性のお客様に気に入っていただき自宅の照明ということで購入される方も多いですね。


s_IMG_8564.jpg

Miffy First Light

・サイズ: W15xD15xH30cm
・重さ:0.6kg
・素材:Soft Silicone(BPAフリー)
・照明仕様:充電式LEDモジュール(リチウムイオン電池内臓)
※フル充電(最大6時間)時、最高光量で24時間以上点灯
※5段階調光

・¥9,800 + tax



<実店舗>
WEEKENDER SHOP
東京都台東区蔵前3-18-7
open11:00 close 20:00
月曜日休み
03-5825-4609
info@noends.jp

<オンラインストアー>

http://weekendershop-online.jp/



プロフィール

WEEKENDER SHOP

Author:WEEKENDER SHOP
東京都下町、蔵前にある洋服と生活雑貨のお店です。ALL ABOUT LIFEをテーマに日本、ヨーロッパ、アメリカからの厳選されたプロダクトを販売します。

東京都台東区蔵前3-18-7 1F
(SOL'S COFFEE STAND店の前です)
open 11:00 close 20:00
月曜日休み
tel|03-5825-4609
mail|info@noends.jp
http://weekendershop-online.jp/